無垢フローリングのある民家

古民家の無垢フローリングに使われる木材としては、杉、檜(ひのき)、栗などが使われています。無垢材は、5年、10年と年数が経てば経つほど、その色が変化していきます。

無垢フローリング魅力

無垢フローリングのある民家

今、古民家を再生するといった動きが目立ちはじめています。

省エネ、エコ化といった物を大事にする風潮が影響してか、ある種、静かなブームになっています。

ここでも無垢フローリング材は注目を集めています。

目に入りやすいということもあるのでしょうか、フローリングや柱、階段などに無垢材が使用されています。

古民家によっては、すべて無垢材で仕上げられている建物もあります。

古民家の無垢フローリングに使われる木材としては、杉、檜(ひのき)、栗などが使われています。

無垢材は、5年、10年と年数が経てば経つほど、その色が変化していきます。

最初は薄い色だったものが、次第に濃くなっていくのが特徴でもあります。

そのため、古民家には、うってつけの無垢材だといえるかもしれません。

和の雰囲気を出してくれるので、和風の古民家の無垢フローリングには、杉、檜(ひのき)、栗などは、ぴったりです。

中古で古民家を購入してリフォームする場合や、或いは、古民家風に建てたい場合などに、無垢フローリングを利用することで、居心地いい空間が作れます。

洋風建築が好まれる現代ですが、なかには趣向を凝らした古民家に住みたいと思う人々もいるようです。


Copyright (C) www.codebug.org. All Rights Reserved.

無垢フローリング魅力