火葬が終わったら、「火葬証明書」を火葬場でもらいます。

これは、お墓に骨を入れる「納骨」に必ず必要な書類となります。

ですが、葬儀の後の納骨やお墓について知っている人はなかなか少ないのではないでしょうか?

ここでは納骨とお墓について紹介します。

《納骨の流れ》

納骨のタイミングは、地域や風習によって異なりますが、大多数が葬儀の後の四十九日法要に合わせて行われます。

納骨の日までに、石材店にお墓に入る仏様の名前を彫ってもらうよう依頼しておきましょう。

霊園にあるお墓に関する法要は石材店が取り仕切るため、法要についての手伝いやお墓の清掃なども石材店が行います。

お寺の敷地内にお墓がある場合は、法要を行った後そのままお墓に移動して納骨法要まで済ませてしまいます。

霊園に移動する場合は、納骨の許可や手続きが必要な場合があります。

《お墓を一から選ぶ場合》

さまざまな事情で新たにお墓を作りたいという世帯もいます。

お墓は一般的に完成まで2~3か月ほどかかりますので、実際の納骨はその後になります。

まずは、空きのある霊園や墓地を探します。

宗教やアクセスなどを考えて最適な霊園を選びましょう。

お墓の費用には、お墓そのもののお金の他に霊園の永代使用料と管理費がかかります。

お墓に使う石材を選び、形や彫る言葉などが決まったら完成まで待ちましょう。

また、最近では特定のお墓を持たず「納骨堂」のようなお寺の一室にお骨だけを並べた小さなスペースを買うのも人気ですよ。

▼ご参考:https://dime.jp/genre/1026062/